ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 木曽ならかわ
 

長野自動車道 塩尻ICから国道20号を塩尻市街地方面へと出る。次に国道19号木曽福島町方面へと入り、楢川村へと向かう。楢川村の道路沿いには「木曽くらしの工芸館」の案内看板が出てくるが、これが道の駅「木曽ならかわ」を示している。このまま国道19号を走っていくと、右手に道の駅「木曽ならかわ」が見えてくる。

国道19号楢川村から日義村へと向かう方向で走っている場合、道の駅手前に信号がある。この信号を斜め右に入って、道の駅の裏手から駐車場に入るのもよし、または信号を越えたところにも駐車場出入口があるので、そちらから入っても良い。
道の駅「木曽ならかわ」では、漆器や木工芸等、楢川村の伝統工芸を中心に紹介している。我々が訪れたのが丁度雪深い冬だったせいか、日曜日の午後の割には利用客は少ないのだが、訪れた人々は皆熱心に漆器の芸術を見ていたようだ。別棟にある農産物直売施設「ならかわ市場」では、楢川村の特産品「さるなし」商品や村おこし商品、その他お土産品が整然と並べられている。レジにいる店員さんも親切で、村について質問すると非常にわかりやすく教えてくれるのが嬉しい。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 長野県木曽郡楢川村大字平沢2272-7
沿線 国道19号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 0264-34-3077
各施設開館時間 09:00〜17:00(ならかわ市場)
09:00〜17:00(木曽くらしの工芸館)
※冬期は10:00〜17:00
11:00〜17:00(レストラン)
休館日 第3火曜日
12〜3月  :毎週火曜日
5,8,10,11月:無休
駐車場 112台(大:9 普:99 身障者用:4)
トイレ数 男:15 女:10 身障者用:2
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
檜製品 蕎麦
さるなし製品(ワインetc.) 
など
訪問履歴 2001/02/04 15:18
 
 

 

施設内容
売店(木曽くらしの工芸館)
特産・直売所(ならかわ市場)
レストラン(元庄屋)
喫茶(アート&クラフト)
展示(工芸館内)
体験工房(工芸館内)
スタンプ:工芸館内、及びならかわ市場内の2箇所
(道の駅奈良井木曽の大橋のスタンプも設置されている)
※見取図の赤丸印にスタンプあり
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ ならかわ市場内には楢川村特産のさるなし商品が並び、特設コーナーでさりげなくアピール。工芸館側では数々の漆器があり、その伝統の美は目の保養になりそうだ。木曽土産も豊富に取りそろえている。
食事しましょう度 ★★ 工芸館内に「元庄屋」なるレストラン有り、蕎麦、和食等のメニュー。
ちょいと休憩度 ☆☆ 特に休憩所は設けられてはいないが、喫茶コーナーでコーヒーでも飲みながら一息つくのも良さそうだ。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ★★ くらしの工芸館内の体験工房で、木工や漆器の体験学習が可能だ(要予約)。
文化に親しもう度 ★★★ くらしの工芸館内では、木曽の漆器職人の作品を紹介している。
トイレ印象度 ★★ 設備・清潔度ともにごく普通。
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問時は雪深い冬だったせいか、駐車数は少なめだったのだが、春先からは訪れる人も多そうである。
身障者への配慮 駐車場からスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「木曽ならかわ」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
冬は雪に覆われる道の駅「木曽ならかわ」 

 

農産物直売施設である「ならかわ市場」 駐車場はどこもシャーベット状

 

「ならかわ市場」入口付近 「ならかわ市場」店内

 

楢川村の特産品「さるなし」 

 

木曽くらしの工芸館
氷柱が寒さを物語る

 

くらしの工芸館エントランス くらしの工芸館内の売店

 

レストラン風景 メインギャラリー風景

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:木曽くらしの工芸館で楢川村の木曽漆器をじっくり拝もう
情緒あふれる信州木曽路にぴったりな伝統工芸、それが木曽漆器である。道の駅内「木曽くらしの工芸館」では、木曽漆器の数々が美しく展示・販売されている。工芸館の中は、ギャラリー形式になっており、「碗の国・箸の国」と称しまさに絵になるディスプレイが実に心惹かれる。代表的な漆器としては、お盆や茶碗、鉢であろう。しかし、さすがに木曽漆器ともなれば価格も高価。大切な人への贈り物等には良いのかもしれない。(箸ならば買えるかもしれない、とそそくさと箸コーナーへと急いだ自分が哀れのような気もしたが(苦笑))
駅内チェック:木曽くらしの工芸館の売店でみつけた名産品 豊富な漬け物やワイン 酒
併設されている「ならかわ市場」にも特産品は多数あるのだが、この木曽くらしの工芸館の内部にも売店があり、木曽の土産品が多く並べられている。特に売店入口にはズラッと並べられた木曽の漬け物「木曽の味散策」各種(はちみつにんにく・きくらげ・こごみ・きゃらぶき・味しめじ・山きのこ等)が目立っている。
また、ワインコーナーには、木曽ワイン、そして地酒コーナーには「木曽路」等木曽にちなんだ日本酒が並んでいる。
駅内チェック:ならかわ市場で見つけた特産品 「さるなし」って?
「さるなし」とは一体何だろう。"ほし"は最初、梨の一種か何かかと思っていたのだが、これはマタタビ科つる性落葉低木。ならかわ市場の店員さんに聞いてみたところ、キウイフルーツに似た木の実ということだ。「これって梨と何が違うんですか」といったすっとんきょうな質問にも笑わず親切に教えてくれた店員さんに感謝。この「さるなし」は、標高の高い山奥でしか栽培出来ないらしく、初夏に白い五弁花をつける。果実は淡緑黄色の球形をし、味は甘酸っぱいらしい。
この「ならかわ市場」では、「さるなしいろいろ」と称し多くのさるなし商品が並んでいる。例えば、さるなし羊羹・さるなし寒天ゼリー・さるなしジャム・さるなししぼり(ジュース)等。くらしの工芸館には、さるなしアイスもある。
駅内チェック:ならかわ市場で見つけた村おこし商品 なららちゃんマークの福神漬け等
「ならかわ市場」では、楢川村の村おこし商品として漬け物数種が販売されている。その中で、心惹かれたのは「福神漬け」。

カレーライスのお供にピッタリな福神漬けは我々も好物なのだが、ここの福神漬けはスーパーでよく見かけるような赤色着色料は一切使用せず、醤油等でつけ込んだ自然派?手作り福神漬けである。

早速購入して自宅でカレーライスと共に食べてみたのだが、甘味は少なく醤油味の中にほんのり生姜の香りがして、具は大きめなものが多い。"こあ"氏はスーパーの福神漬けの方が慣れているせいか、やや違和感を感じると言っていたが、漬け物フリークな"ほし"としてはこの福神漬けに手作りの深さを感じたりもする。
注)タイトルの「なららちゃん」とは、楢川村のマスコットキャラクター
なららちゃん
 
 

home  地方indexへ戻る 長野県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
周辺の道の駅案内:Copyright(c)2003 core All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年02月18日 最終更新日:2001年02月18日