ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 白鳥
◆長滝白山公園◆

東海北陸自動車道 白鳥ICから国道156号を7.5kmほど北上すると、右手に現れるのが道の駅「白鳥」である。

道の駅「白鳥」は、駅の規模としてはそれほど大きくはないのだが、ちょっと立ち寄るにはツボを押さえた施設が揃った道の駅である。駐車場に入ると、まず「白山文化博物館」なる建物が目に飛び込んでくる。白鳥にある長滝白山神社等は信仰深い山である白山の登拝拠点のひとつ。本博物館は、白山の文化や史跡等を紹介しているのだ。そして、更に敷地内には、情報コーナー、規模は小さいが特産品販売所、そして郷土料理レストランがある。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 岐阜県郡上郡白鳥町長滝402-19
沿線 国道156号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)
夕刻にかけてひるがの高原周辺の
スキー利用車で周辺道路は混雑
連絡先 0575-85-2747
各施設開館時間 09:00〜17:00(売店)
09:00〜19:00(レストラン・休憩所)
09:00〜16:30(博物館)
休館日 火曜日、年末年始
駐車場 108台(大:5 普:100 身障者用:3)
トイレ数 男:10 女:9 身障者用:1
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
しそ漬け梅
郡上みそ、そばなど
訪問履歴 1st:2001/12/23 15:45
 
 

 

施設内容
売店「白山長滝」
レストラン「長滝」
休憩所(情報コーナー内)
情報コーナー
白山文化博物館
テニスコート・パターゴルフ
芝生公園
スタンプ:休憩所内
※見取図の赤丸印にスタンプあり
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 売店のフロアは割とこじんまりとした規模。ドライブ中に小腹を満たす菓子類等が並ぶ他、味噌や梅干し等の素朴な特産品も気になる。
食事しましょう度 ★★★ 食事処では、各種定食が頂けるが、そんななかでもあまご釜飯 あまごそば、豆腐みそ定食等が特産色あふれる食事のようだ。
ちょいと休憩度 ★★ 屋内休憩スペースあり、一息つきたい。また、天気の良い日には芝生公園で気分もリフレッシュ。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ★★ テニスコートやパターゴルフ場有り。ちょっとした遊戯施設もあるが、訪問時は雪に埋もれていた(それでも負けじと遊ぶ子ども達の姿が微笑ましくも思えたり)。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★ 白山文化博物館で、白山の文化や史跡にふれてみてはいかが?白山信仰文化財等も展示紹介されている。
トイレ印象度 ★★ 設備・清潔度共に普通のトイレ
訪問時混雑度 ★★ 訪問したのは冬期の日曜午後、特に混雑はみられない。
身障者への配慮 駐車場から各施設へはスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「白鳥」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
国道からみる道の駅「白鳥」遠景

 

入口の目印はこれ! 駐車場に入るとまず視界に入るのが
この「白山文化博物館」だ

 

道の駅「白鳥」メイン施設群

 

農家市場では農産物などを販売している トイレ前にはちょっとした休憩スペースも!

 

情報センター入口
道の駅白鳥と堂々と掲げられた看板が
嬉しい
情報コーナー内には休憩スペースもある

 

そしてそのお隣が売店 館内は情報コーナーとつながっている
売店はこじんまりとした規模だ

 

レストラン長滝
あまご料理が気になる
実は芝生公園のはずなのだが
雪に覆われて雪広場に?

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:白山文化の里 白鳥町
富士山、立山とともに日本三名山にあげられるのが、石川県と岐阜県の境に位置する白山。昔から信仰の山として開かれており、その初めは養老元年(717年)にさかのぼる。地図を広げれば分かるように、白山の周囲には幾つもの神社が確認できるだろう。白鳥町の長滝白山神社・長滝寺も、登拝拠点のひとつであり、昔から多くの参拝者で賑わっていたのだとか。

白鳥町にはその他にも、「石徹白の大杉」「白山中居神社」「大師堂」など白山信仰ゆかりの地が点在する。また、道の駅の隣には「白山文化博物館」もあり、ここで白山文化・史跡等を紹介しているので、時間的に余裕がある人は覗いてみてはいかがだろうか。
白山文化博物館
入館料 大人500円、小・中学生300円(20名以上は50円引き)
開館時間 09:00〜16:30(入館受付は16:00まで)
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)及び年末年始
場所 岐阜県郡上郡白鳥町長滝402 TEL:0575-85-2663
駅内チェック:売店で見つけた白鳥の素朴な土産たち
売店フロアは少々狭めではあるが、素朴な空気漂う土産たちにどことなく癒されたりも。特にお薦めなのは、添加物を使用していない「しそ梅漬け」だろうか。白鳥町のお隣である高鷲村の「えごまどうふ」あたりもお土産として良さそうである。
しそ梅漬 かあさんのおやつ(焼菓子) お味噌が具(とうがらし味噌)
 
えごまどうふ 旨いみそ  
     
クローズアップ:・マザーズハンドの「バタークッキー」
白鳥町手づくり菓子グループ「マザーズハンド」による、その名のとおり手づくりクッキーだ。安全でおいしい素材を使うことをモットーとしている。

さて、今回購入したのはラムレーズン入りのバタークッキー、薄型のクッキーはやや堅めな歯触りだが、ラムレーズンの味わいが強く大人のクッキーを思わせる。
 
 

home  地方indexへ戻る 岐阜県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年06月29日 最終更新日:2003年06月29日
(詳細案内は2001年12月現在のものです)