ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 パスカル清見
 

東海北陸道 郡上八幡ICから国道156号にて八幡町の町中を経て国道472号に出たら北上。途中、道の駅明宝を右手に見ながら通過し、更に北上を続ければ「飛騨美濃道路」なる有料道路がある。有料道路を回避したい人には、明宝村と清見村らまたがった位置にある坂本峠を越えるといった旧国道472号というルートもある(但し冬期通行止め)のだが、こちらは「是非とも峠越えをしたい」意志をもつ人以外は、有料道路を選択した方が無難かもしれない。というわけで、飛騨美濃道路及び坂本トンネルを通過すれば、そこは清見村。道の駅「パスカル清見」は、国道472号と国道257号の分岐点に位置する。

道の駅「パスカル清見」は、「ななもり清見」と同様、清見村の道の駅。国道に沿った駐車場側には、売店やレストラン、観光案内所があり、それらの建物群の更に奥には、洒落た洋館風の建物「ホテルパスカル」が建っている。その他、オートキャンプ場やハーブ園等もあり、リゾート気分を満喫させてくれる道の駅だ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 岐阜県大野郡清見村大原858-1
沿線 国道257号
駅付近の交通量 午前:★☆☆(少)
冬の朝のせいか?
連絡先 0576-69-2323
各施設開館時間 09:00〜18:00(売店/レストラン)
※但しレストランの食事は11:00〜
10:00〜17:00(体験)
休館日 水曜日
駐車場 214台(大:12 普:200 身障者用:2)
トイレ数 男:18 女:14 身障者用:1
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
パスカル清見ドレッシング、
レトルト商品
飛騨和牛加工品、ハーブなど
訪問履歴 1st:2001/12/23 09:49
 
 

 

施設内容
物産館
レストラン
休憩所
情報コーナー
体験館
ホテル「パスカル」
オートキャンプ場
スタンプ:物産館入り口
※見取図の赤丸印にスタンプあり
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 売店エリアは広めであり、清見村産の土産品がこれでもか、という程並んでいるのが嬉しい。基本的には「ななもり清見」と類似した品揃えであり、パスカル清見特製のドレッシングやケチャップ、レトルト等が並ぶが、雑貨品等も多数揃っている
食事しましょう度 ★★ 人気メニューと称し、焼きあんそばやカルビ丼等、地元特産メニューではみそ煮込みうどんや、朴葉味噌飛騨牛焼肉膳等がある。高級感あふれるレストランかと思いきや、意外に庶民的風である。
ちょいと休憩度 ★★★ 売店レストラン施設の横に小さな休憩所があり、屋内休憩が可能な他、6〜7月はラベンダー園で紫の絨毯を堪能しながら癒されたい。
ゆったり休憩度 ★★★ プチホテルであるホテルパスカル、そしてオートキャンプ場有り、とリゾート気分やアウトドアを満喫しよう。
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ★★ 体験コーナーでは、押し花やリース、木工などの体験が可能。
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 設備・清潔度共に普通のトイレだが、訪れたのが冬期、しかも雪が降った後のせいか、靴についた泥ですぐに汚れ気味になってしまうのがつらいところか。
訪問時混雑度 ★★ 訪問したのが、冬の朝ということもあってか、敷地内は混んでいなかったのだが、ラベンダーシーズンやスキーシーズンはかなり混雑しそうである。覚悟して行こう。
身障者への配慮 駐車場から各施設へはスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「パスカル清見」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「パスカル清見」全景

 

入口の目印はこれ! 売店・レストラン入口はこちら!

 

アーチ状の入口が印象的なレストラン入口 質感たっぷりの渋いレストラン内

 

エントランスは
どことなく高原のホテルのようだ
奥には体験コーナーもある
清見村特産がズラリ並ぶ売店コーナー

 

休憩所を兼ねた情報コーナー 情報コーナー内で一休み!

 

売店・レストランがある敷地の裏手から
橋を渡ってみると・・・
橋の上から川をみる

 

洒落た外観のプチホテル「パスカル」

 

ホテル裏手には体験農園 そして体験館があるのだ
手作りリース等を是非とも作りたい!

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:「パスカル清見」のパスカルって何??
「パスカル清見」という名称を初めて目にした時、「パスカルってあの物理学者のパスカルか」と突拍子もない連想をしてしまったのだが、当然ながら全く意味が違うのは誰でもわかることだろう。それでは、「パスカル清見」の「パスカル」とは一体どういった意味があるのか。

頂いたパンフレット(パスカル通信)から要約すれば、田園の情景を描いた詩を指し示す「パストラル」と、教養や文化を指し示す「カルチャー」を掛け合わせて作られた、いわゆる造語らしい。なるほど、自然がいっぱいの情景と積極的な村づくりにピッタリなフレーズではないか。
駅内チェック:パスカル清見でみつけた「ひだ清見」な特産品たち
先に「ななもり清見」の詳細案内をごらんになった人は気づくかもしれないが、「パスカル清見」と「ななもり清見」はどちらも清見村内の道の駅ゆえ、当然ながら同じような特産品たちが並んでいる。ドレッシング類からレトルト、麺類、餅、漬物など、多岐にわたる豊富な品揃えなので、きっと気に入る土産品が見つかるかもしれない。
清見村の漬物たち
(赤かぶら等)
宮春の名水豆腐 こもとうふ
手作りみそ ケイちゃん 飛騨牛コロッケ
パスカル清見トマトジュース パスカルベリーサワー 雪中酒とひだ清見の里
パスカルカレー パスカル焼肉のたれ ブルーベリージャム
     
クローズアップ:種類も豊富だ「パスカルドレッシング」
パスカル清見特製のドレッシングといったら、「パスカルドレッシング」。種類も豊富に揃っており、用途に応じて使い分けたい。実は、「ひだ・みの道の駅スタンプラリー」の当選賞品にパスカルドレッシング青じそ風味が含まれていたのだが、ノンオイルでさっぱりしており、しかも梅肉や大根おろしが相まった旨みいっぱいのドレッシングだった。

他に、「ゴマ」「トマト」「ハーブ」「からし」「クリーミーゴマ」といった種類がある。
クローズアップ:ほっとしたい時に飲みたい「コーンスープ」
清見村の特産である新鮮なピーターコーンを使用したコーンスープのレトルト。実にクリーミー、粒粒コーンも沢山入っている。甘味もあるのだが、ただ甘いだけでなく複雑で深みのある味が楽しめる。

しかし、温めたコーンスープをいざ器に入れると、パッケージの写真のような明るいコーンクリーム色ではなく、濁りのある色なのが気になる。まぁ、味的には美味しいので良しとしよう。内容量250g、500円。
クローズアップ:手軽に食べたい「飛騨牛ハンバーグ」
清見村手造り惣菜として、「飛騨牛ハンバーグ」と「飛騨牛コロッケ」が売店に並ぶなか、実際に「飛騨牛ハンバーグ」を購入してみた。名称からわかるように、飛騨牛をふんだんに使用した惣菜であり、「焼く」だけのお手軽調理だ。

というわけで、実際に食べてみたのだが、手軽ながらなかなか美味い。箸やナイフで切る瞬間は「あれ、固いか」と思いながらも、実際に口に入れるとふんわり柔らかで全体的な味付けもまろやかなのだ。次回は是非ともコロッケを食べてみたいものだ。
駅内チェック:体験館で思い出を作ってみるのはいかが?
道の駅売店・レストラン施設のエントランスホールは、体験コーナーも兼ねており、押し花や電気ペン工作、ラベンダーリース等の手造り体験ができる。ホテルパスカルの横には体験館があり、こちらでも体験が可能だ。

押し花クラフトは所要時間約10分程度、料金も250円から。本格的なインテリアとしてリース造りをしてみたいという人は、所要時間約30分、だいたい1,000円から材料、内容によって値段も異なるらしい。

また、そば打ちや豆腐造り、ソーセージ造り等の体験等もあるのだが、こちらは10日前までに予約が必要だ。興味がある人は電話で問い合わせてみよう。
駅内チェック:あなたはアウトドア派?それともホテルでゆったり派?
パスカル清見には、白壁が可愛い外観のホテルパスカル、そしてオートキャンプ場があり、ホテルでのんびりくつろぎたい人にも、そしてアウトドアを思いっきり満喫したい人にも嬉しい施設群である。ホテルの従業員さんの印象も良く、「泊まりに行きたい度」を倍増させてくれる。
ホテルパスカル
部屋 全室和室(2〜6人部屋あり)
料金 1泊2食付き 大人11,000円 子ども7,700円 小学生以下6,600円 
※但し12/25〜1/5,4/28〜5/5,7/25〜8/20は2,000円増し
時間 チェックイン15:00 チェックアウト10:00
   
パスカル清見オートキャンプ場
区画 オートサイト(22区画,AC電源付)、バンガロー(1棟)
料金 オートサイト5名まで(4,935円) それ以上の人数の場合は追加料金要
ゴミ回収費200円
バンガロー(15,960円)
時間 チェックイン13:00 チェックアウト11:00
設備 シャワー、水洗トイレ、ランドリー、炊事場有り
毛布やテント、炊事用具等のレンタル有り
営業期間 4月初旬〜11月
 
 

home  地方indexへ戻る 岐阜県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年06月29日 最終更新日:2003年06月29日
(詳細案内は2001年12月現在のものです)