ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 富有柿の里いとぬき
 

名神高速道路 岐阜羽島ICから主要地方道46号,主要地方道18号を経て主要地方道23号に出て、しばらく北上すればまもなく糸貫町。案内板に従ってなおも走れば右手に道の駅がみえてくる。

道の駅「富有柿の里いとぬき」は、通称「富有柿の里」。国道157号に面した駐車場がある敷地内には、農産物直売所と道路情報館のみ。ここはこじんまりとしたところなのかと思いきや、更にその奥に広がる敷地にたちならぶバーベキューハウス、富有柿と古墳の館、体験館、広場や遊歩道、柿園なども含めて、「富有柿の里」というわけだ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 岐阜県本巣郡糸貫町上保18-2
沿線 国道157号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 058-323-4511
各施設開館時間 09:00〜17:00(売店・休憩所)
09:00〜16:00(古墳と柿の館)
09:00〜22:00(体験学習館)
休館日 月曜日(共通)
12/30-1/4(売店)
12/29-1/3(古墳と柿の館・体験学習館)
駐車場 90台(大:5 普:84 身障者用:1)
トイレ数 男:6 女:4 身障者用:1
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
柿、野菜
柿加工製品、いちごなど
訪問履歴 1st:2001/12/02 15:21
 
 

 

施設内容
農産物直売所(ふれあいセンター)
道路情報館内休憩所
道路情報館
古墳と柿の館
体験実習館
バーベキューハウス
各種広場(イベント広場やアスレチック)
柿展示園・柿栽培ハウス
地域農業総合管理施設(富有柿センター)
スタンプ:道路情報館内
※見取図の赤丸印にスタンプあり
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ ここは新鮮野菜中心な販売所。旬の季節には艶やかな柿が並ぶ。柿関連商品も勿論あるので、お土産にいかが。
食事しましょう度 ☆☆☆
ちょいと休憩度 ★★ 道路情報館内に休憩スペースあり。各種広場やあじさい園等もあるので、のんびりと歩きながらリフレッシュも良いかも。ただ、敷地が広いので、逆に疲れる可能性もあり。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ★★★ 園内にはアスレチック広場があるので、親子で走り回って健康的に遊ぼう。遊歩道を歩きながら自然に触れるのも良い。バーベキューハウスもあるので、食材を持ち込んで屋外パーティーはいかが?
ここで体験度 ★★ 体験実習館では陶芸・炭焼き体験が可能。
文化に親しもう度 ★★ 古墳と柿の館では、船来山から発掘された出土品や柿の歴史等を紹介している。
トイレ印象度 ★★ 設備・清潔度はごく普通のトイレだが古さが感じられる。
訪問時混雑度 ★★ 訪れたのが夕刻、更に冬という季節柄、混雑はみられなかったのだが、逆に冬にしては多くの人が立ち寄っている。春から秋までの季節はなにやら混雑しそうな予感だ。
身障者への配慮 駐車場から各施設へは段差無し

道の駅ギャラリー
次に「富有柿の里いとぬき」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「富有柿の里いとぬき」
国道に面した敷地をみる

 

これが目印!入口看板 道路情報館

 

道路情報館内の情報コーナー
富有柿型の端末が可愛い!
道路情報館内の休憩スペース

 

直売所「富有柿の里 ふれあいセンター」

 

直売所入口
秋〜冬の初めには富有柿がズラリと並ぶ
直売所内風景
農産物や柿製品が目立つ

 

道路情報館等の敷地裏手にあるトイレ 更にその後方には屋外ステージ

 

体験実習館はこの建物群だ
手前の三角屋根が丁度バーベキュー施設

 

これがバーベキュー施設
寒さなんてなんのその!片づけ中?
炭焼き体験はこちらで!

 

体験実習館の研修施設
右奥にチラリとみえるのが陶芸体験所だ
富有柿センターは研修や研究、
農産加工研究、展示ホール等があるのだ

 

古墳と柿の館
船来山の古代ロマンを感じよう

 

柿栽培研究ハウス
ここで柿の栽培が行われているのだ
柿展示園
日本内外の柿が展示されている
見頃は10〜11月だとか

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:岐阜県は富有柿発祥の地
糸貫町は、明治の時代から柿の栽培を手がけ、なんと農地の40%が果樹園なのだとか(観光パンフレットによる)。実は、糸貫町だけでなく、岐阜県としても柿の栽培は実に盛んであり、なんと生産量は日本一を誇っているのだ。富有柿は、特に柿の中でも甘柿であり、しかも日持ちが良いといった特徴もある。

秋になれば、各地の農園で収穫が行われ、直売所では艶やかな柿たちがずらりと並ぶのだ。ちなみに、富有柿が初めて作られたのは、岐阜県内の本巣郡巣南町(現在は瑞穂市と合併)、現在では「富有柿発祥の地碑」が建てられている。生みの親は、「福嶌才治」氏であり、居倉御所柿の改良として「富有柿」が誕生した。

また、岐阜県では富有柿をキャラクター化(写真)し、携帯ストラップ等も販売している。
駅内チェック:売店でみつけた糸貫な特産品たち
訪れたのが晩秋ということもあってか、ちょうど富有柿の季節であり、店先には柿がズラリと箱詰めされている。柿のサイズもかなり大きめであり、見た目にもなかなかの迫力である。そして、直売所内はといえば、まさしく「町の農産物直売所」であり、野菜を中心に陳列している。勿論、特産の柿を用いた加工品等も目をひく。
富有柿 柿ドリンク 柿羊羹
富有柿ジャム 柿肉のたれ 柿の葉そば
 
柿の葉茶 富有柿アイスクリーム  
     
駅内チェック:「古墳と柿の館」で糸貫の歴史にふれよう
糸貫町の他に本巣町、そして岐阜市にまたがっている船来山古墳群では、実に多くの出土品が発掘されている。「古墳と柿の館」では、それらの出土品を展示紹介するとともに、糸貫の歴史についても語っている。また、施設2階は柿に関する資料コーナーとなっており、国内だけでなく海外でも栽培されている柿の紹介、更には柿の加工品、柿の歴史等について展示されている。
入館料 大人300円 小中学生100円 20名以上の場合は半額
開館時間 09:00〜16:00
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29〜1/3
場所 岐阜県本巣郡糸貫町上保1-1-1 tel:058-323-9333
駅内チェック:体験実習館で陶芸や炭焼を体験しよう
富有柿の里内にある体験実習館では、陶芸・炭焼・バーベキュー・屋内研修等ができる施設が整っている。バーベキュー施設は100人までが楽しめるといったかなり大きな施設であり、利用者も多そうだ(12月の寒いなかでもバーベキューを楽しんでいる団体がいた)。また、炭焼体験は柿の間伐材を使用して本格的な炭づくりができる。
ただ、パンフレットを見ていてひとつ気になったのが、電話では使用申請を受け付けないという点である。ということは、事前に体験学習館に出向いて申請する必要があるということだろうか。遠方の人で利用したいと思われる人は、一度電話ででも問い合わせてみた方が良いだろう。
料金 炭焼体験 1人300円
陶芸体験 1人500円
バーベキュー 1人200円
研修室・談話室 1,000円
時間 09:00〜22:00
※但し、バーベキュー,研修室・談話室の使用時間は、09:00〜13:00, 13:00〜17:00, 17:00〜22:00
片づけは終了30分前から。夜間の場合は終了1時間前には片づけを開始すること
連絡先 岐阜県本巣郡糸貫町上保1-1-1 tel:058-323-4547
 
 

home  地方indexへ戻る 岐阜県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年05月21日 最終更新日:2003年05月21日
(詳細案内は2001年12月現在のものです)