ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 星のふる里ふじはし
 

名神高速道路 大垣ICから国道258号を北上、国道21号を経て国道417号を更に北上して池田町・揖斐川町方面へと走る。揖斐川町内から国道303号と合流し、更にしばらく北上すれば藤橋村にさしかかり、右手に道の駅が見えてくる。

道の駅「星のふる里ふじはし」は、洒落た洋館風の建物が印象的である。売店入口に向かう階段には夜になると、まるで星をちりばめたような演出をし、また情報交流館やトイレ等の各所に星座が描かれている。ふとこれらの星座を見て、関東地方にある茨城県の道の駅「みわ」を思い出してしまったりも。「みわ」もここ同様、「星」をアピールしている駅である。駅内は、特産品の販売所、レストラン、情報交流館等から構成され、更に徳山民俗資料収蔵庫を現在建設中である(2001年現在)。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 岐阜県揖斐郡藤橋村大字東横山字下平
沿線 国道303号
駅付近の交通量 夜間:★☆☆(少)
連絡先 0585-52-2020
各施設開館時間 09:30〜18:00(売店・情報館)
08:00〜17:00(レストラン)
 ※オーダースタップ16:30
休館日 年末
レストランのみ火曜日
 ※祝日の場合は翌日
駐車場 132台(大:9 普:120 身障者用:3)
トイレ数 男:12 女:8 身障者用:2
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
かっぱどうふ、うこん
椎茸など
訪問履歴 1st:2001/12/02 17:17
 
 

 

施設内容
売店
レストラン星のふる里
バーベキューハウス
情報交流館内休憩所
情報交流館
徳山民俗資料収蔵庫(建設中)
スタンプ:情報交流館内
※見取図の赤丸印にスタンプあり
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 広々としたフロアには藤橋村の特産を中心に周辺町村の特産品が並んでいる。売店奥にはこだわりの藤橋名産「河童とうふ」の即売もあるので要チェック。
食事しましょう度 ★★ 2001年訪問時は確認できなかったのだが、レストランでは平日のみ日替わりランチや、名産のとうふ、椎茸等を使用した料理が食べられるらしい。
ちょいと休憩度 ★★ 星座が描かれている情報交流館で一休み。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★ 2003年秋に徳山民俗資料収蔵庫がオープン、徳山ダムによって沈んでしまう徳山村の歴史等を紹介する予定らしい。
トイレ印象度 ★★★ 星座が描かれているトイレはなかなかロマンチック。トイレも新しさを保っている。エアータオル有り。
訪問時混雑度 ☆☆ 休日10時前に訪れたこともあってか、場内の混雑度は普通だが、昼を中心に訪れる車も増えてきそうだ。
身障者への配慮 訪問したのが夜間だったため、駐車台数は少なめ。次回は、昼間に訪問してみたい。

道の駅ギャラリー
次に「星のふる里ふじはし」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
夜の道の駅「星のふる里ふじはし」遠景

 

入口のモニュメント 売店への入口
階段をよくよく見ると・・・?

 

ほら?星をちりばめたような演出 売店内はゆったりとしている

 

藤橋名産の河童とうふコーナー 丁度クリスマスシーズンだったので
ツリーで華やかな演出だ
後方は自販機コーナー

 

さて、こちらの建物群は情報交流館とトイレだ

 

天井は星座で演出 情報コーナー

 

トイレの扉にも星座が描かれている そして敷地内の右手にはバーベキューハウス

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店で見つけた藤橋特産品たち ウコンがいっぱい
売店は広々としており、明るい雰囲気である。店内には、藤橋村の特産品コーナーをはじめ、その周辺の町村の特産品がコーナーごとに分かれて置かれている。そんななか、藤橋村の特産品コーナーにはとにかく「ウコン」商品が沢山並び、一際目立っている。また、酒コーナーでは「星のふる里ふじはし」ラベルの日本酒も発見。

売店奥には、藤橋名物の河童とうふの即売コーナーもあったのだが、今回訪れた時には既に閉まっていたのが残念。こだわりの豆腐は一体どんな味なのだろう、と興味津々なところだ。
うこん入浴剤 またたび酒 乾燥うこん(うこん酒)
うこんの里せんべい とち蜜 カルルス
藤橋しいたけ ふじはし竹炭 ふじはしオリジナルラベル酒
     
駅内チェック:ダム計画によって消えた村「徳山村」 徳山民俗資料収蔵庫
2001年訪問時に店員さんから教えて頂いた内容によれば、2003年秋に民俗資料館が完成する予定らしい。その当時は、藤橋村の民俗資料館なのだろうか、と勝手に思いこんでいたのだが、村の公式サイト等を何度か確認しても、それらしき内容はひとつも書かれていない。2003年になってそれが「徳山民俗資料収蔵庫」であることが分かったのだが、「徳山」といえば、現在建設中である「徳山ダム」によってひとつの村がダムの底に沈んでしまうことを思い出した。それが、(旧)徳山村、現在は藤橋村に吸収合併された形になっており、旧 徳山村の集落には既に誰も住んではいない。

ダム計画については様々な立場から意見も異なるゆえ、あえてここで語るのは避けたいが、まるまるひとつの村を飲み込んでのダムとは、かなりの巨大規模なダムなのだろう。特に約6億6000万トンといった国内最大級の総貯水容量をもち、2007年の完成を予定している。

次回訪れた際には、きっとこの徳山民俗資料収蔵庫も完成していることだろう。その時にまた細かな内容をお伝え出来ればと思っている。
 
 

home  地方indexへ戻る 岐阜県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年05月21日 最終更新日:2003年05月21日
(詳細案内は2001年12月現在のものです)