ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 ひだ朝日村
 

東海北陸自動車道 飛騨清見ICから国道158号を高山市方面へ東進。更に、高山市内から国道361号を長野県方面(開田村)へと走れば、やがて右手に道の駅「ひだ朝日村」が見えてくる。しかしながら国道361号といえば、高山市塩屋から美女峠付近である朝日村見座まで冬期通行止め、というわけでその場合は国道361号を避けて朝日村へ向かうしかないことを頭に入れておこう。

道の駅「ひだ朝日村」は、朝日村の情報発信拠点と共にイベント等を通して交流の場的な役目を担う場所であり、売店やうどん中心の食堂の他、展示祭事コーナー等からなる「総合交流施設」、そして屋外トイレと情報室から構成される。信州から飛騨高山へ向かう道中に位置するため、休憩スポットとしても丁度良く、また、朝日村オリジナル商品も多数並んでおり、買い物も楽しい道の駅だ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 岐阜県大野郡朝日村大字万石150番地
沿線 国道361号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
冬のため一部通行止め等の
影響もあってか交通量はかなり少なめ
連絡先 0577-55-3777
各施設開館時間 09:00〜18:00
※食事処のオーダーストップは17:30
休館日 水曜日
駐車場 108台(大:13 普:93 身障者用:2)
トイレ数 男:6 女:7 身障者用:1
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
よもぎうどん
トマトジャム
飛騨牛カレー、美女餅など
訪問履歴 1st:2001/12/16 13:49
 
 

 

施設内容
売店
味処「よもぎ庵」
展示祭事コーナー
情報室
ふれあい公園
ちびっこ広場など
スタンプ:情報室内
※見取図の赤丸印にスタンプあり
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 朝日村特産である「よもぎうどん」を中心に、とにかく朝日村産の商品が多数並び、地場産にこだわる人には嬉しい。
食事しましょう度 ★★★ 朝日村のよもぎうどんを使った麺類メニューが豊富。天ぷらと組み合わせたセットもお薦め。
ちょいと休憩度 ★★ 情報室や祭事コーナー内に休憩スペースがあるが、座って休める場所は少なめ。屋外に四阿もあるのだが、冬に訪れたら雪に埋もれており、その場所を確認することが出来なかった。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆ 屋外にちびっこ広場があり、車に乗り疲れた子どもをリフレッシュさせるには丁度良さそうである。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★★ 設備は普通だが、新しさを保っており、清潔度も良好なトイレ。エアータオル、おむつ替え台有り。
訪問時混雑度 ☆☆ 訪れたのが冬だったせいか、交通量も少なく、駐車量は割と少なめだが、春から秋は立ち寄る人も多そう。
身障者への配慮 駐車場から各施設へは段差無し

道の駅ギャラリー
次に「ひだ朝日村」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
雪の道の駅「ひだ朝日村」

 

入口の目印はこれ! 施設群を左からみる

 

施設左端にあるのはトイレ そしてその隣には情報室
しかしモニターには何も映ってない?

 

情報室と物産館をつなぐ通路 建物裏手は日本庭園のはずだが
雪で何もかもが埋もれている

 

こちらが物産館

 

店先販売や魚を焼いて食べたり・・・ 売店内風景

 

展示祭事コーナー 食事処入口

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店で見つけた「ひだ朝日村」な特産品はやっぱり"よもぎ"系
岐阜県の道の駅は素朴な香りが多いながら、皆おらが村的的な地場産品にあふれているが、ここ「ひだ朝日村」の売店にも、朝日村の特産品が目立っている。

食事処のメイン的な存在である「よもぎうどん」はこの売店でも購入可能、そして名物「よもぎ饅頭」も冷蔵ケースに多数詰まっている。朝日村特産品コーナーには、朝日村の飛騨牛カレー等のレトルト、そして地場産トマトを使用した「とまとじゃむ」等、実に多種多様な特産品たちが利用客の心をがっちりつかんで離さないのだ。テレビ番組の取材もあったのか、よもぎ饅頭を頬ばるレポータの写真が飾られている。
きねつきあっぽ よもぎ饅頭「福福」 手作りクッキー
 
とまとじゃむ 美女餅  
     
クローズアップ:なるほど納得!「よもぎうどん」
実は訪問時は購入を見合わせた、名物のよもぎうどんなのだが、後日スタンプラリーに当選し、賞品のひとつであったこの「よもぎうどん」を食べる機会に恵まれた。この「よもぎうどん」には太麺タイプと細麺タイプがあり、太麺はかけうどん、細麺はつけうどんに合いそうである。

実際に食べてみたのだが、これがなるほど納得!の味。こしが強く、存在感たっぷりの麺にほのかに香るよもぎ、これは一度食べたらクセになる満足感である。
クローズアップ:また買いたい!「朝日村のトマト美味飛騨牛カレー(レトルト)」
朝日村の特産であるトマトと飛騨牛を組み合わせたトマトカレー。実は、朝日村の特産である「とまとじゃむ」とこの「トマトカレー」、どちらをとるか悩んだ結果、今回はこちらを食べてみることにしたのだ。なにぶんトマトカレーなるものは初めて食するため、ちょっとした冒険心もあったのだが、いざ食べてみるとこれがなかなか美味しい。トマトの程良い酸味がカレーのスパイス的存在になっているのだ。酸味を好まない人にはちょっと向かないこのカレーだが、酸味とミルキーな味わいは"ほし"的にはお薦め。

内容量200g 組み合わせ自由3袋で1,100円。
クローズアップ:ミルキーなお味「朝日村のひだ牛美味ビーフカレー(レトルト)」
朝日村の飛騨牛を使った正統派ビーフカレー。辛さについては特記していないため、多少心配はしたものの、実際に食べてみると中辛から中甘口に近く、上記のトマトカレーから酸味を除いた割とミルキーな味。運が良ければ牛の固まりが入っているのだが、2袋開けてみたら片方には牛の固まりらしきものはほとんど見当たらなかったのがちょっと残念。

内容量200g 組み合わせ自由3袋で1,100円
駅内チェック:運が良ければ買えるかも?冬ならではの「ぶり寿司」
富山から飛騨高山、そして松本を結ぶ街道を「ぶり街道」と称している。江戸時代、富山湾でとれた越中ぶりは高山へ運ばれており、更に高山からは「飛騨ぶり」と名称を変え、長野県の松本まで運ばれていたのだとか。

「ひだ朝日村」の沿線である国道361号も、ぶり街道のコース上に位置しており、敷地内にも「ぶり街道とは?」といった看板でアピールしている。更に、「ぶり街道」ならではの「ぶり寿司」も販売中ということで、敷地内をくまなく探してみたのだが、今回は残念ながら遭遇することができなかった。

職員さんいわく、「ぶり寿司は人気商品で、並べた途端に売れちゃうんですよねぇ」、冬の味覚「寒ぶり」を使用したこの「ぶり寿司」はよほど運が良くない限り、手にとることが出来そうになさそうだ。
駅内チェック:食事処で朝日村のよもぎうどんに舌鼓!
今回は前駅で食事を済ませてしまったため、その存在を確認しただけだったのだが、食事処である「よもぎ庵」では、名物のよもぎうどんが味わえる。しかも、ただのかけうどんだけでなく、月見うどんや山かけうどん、冬にピッタリな煮込みうどん、夏に食べたいざるうどん、冷やしうどん等、お好きなタイプで頂ける。

また、山菜天ぷら付きも用意されているが、うどんと天ぷらは別々に出てくる(天つゆもついてくる)。やはり、麺のよもぎの香りと味を堪能するには、なるべく素うどんの状態で食べた方が堪能できるという意味もあるのだろうか。

なお、うどん各種は600円〜900円、うどん定食は1,000円〜1,200円あたりの値段帯で食べられる。
 
 

home  地方indexへ戻る 岐阜県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年05月29日 最終更新日:2003年05月29日
(詳細案内は2001年12月現在のものです)