ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「飛騨たかね工房」
HOME > 中部 > 岐阜県 > 道の駅 飛騨たかね工房 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
道の駅「飛騨たかね工房」の売店は、シンプルな配置のせいか、入口から奥までがよく見渡せる構造。全体的な印象としては、特産のアピールがなかなか上手い方ではないだろうか。なによりも目立つのが、赤と黄色のパッケージが情熱的な赤唐辛子ソースの「うま辛王」。勿論、高根の特産はそれだけでなく、タカネコーンやもろこし餅、そばまんじゅう等が整然と並んでいる。
御嶽湧水 飛騨たかね工房のビーフカレー そばまんじゅう
     
高根に来たらこれは買いたい「うま辛王」
かなり強烈なネーミングゆえ、一度聞いたら忘れられない名前をもつ「うま辛王」とは、赤唐辛子のソースである。高根村内にある廃道になったトンネルを利用して、赤唐辛子と天然水、塩を加えて18ヶ月もの期間、じっくりねかすのである。そして、品質の良い米酢をたっぷり加えて仕上げるといった、旨みたっぷりの唐辛子ソースなのだ。県内外でもひそかなブームになっており、このごろでは全国のスーパーでも置いているのだとか。料理の味を引き締めたい、そんな時に一振りしたい、そんな調味料である。

試しにカレーに振りかけてみたのだが、旨みのある辛さがプラスされ、クセになりそうだ。ピザのタバスコ代わりにも良さそう。
コーンを実感!「もろこし餅」
見た目は本巣町の「いちご餅」の色違いか、と思ってしまうこの「もろこし餅」は、コーン(黄)色の透明な寒天餅の中にミルクが入っている。

一口食べれば、口の中にフワーっとコーンの味が広がり、まさしくこれは「もろこし」餅だと実感。原料に、高根村特産のタカネコーンの粉末を採用、特産色をアピールしている。

本品は冷凍品なので、冷蔵庫で解凍し、ひんやりした食感を楽しもう。我々的にもお薦めの一品だ。

ちなみに、店内の陳列棚の横にはこの「もろこし餅」を紹介した新聞の切り抜きが貼ってあり、それによれば地元住民の間でも話題の商品だとか。是非とも一度お試しあれ。
   
クリスマスだからこそ!「うま辛 トナカイのパン」
丁度クリスマス時期に訪れたせいか、店内にはトナカイの顔型の可愛いパンが置いてあった。しかし、ただのトナカイパンではない。なんとパン生地には唐辛子が混ぜられているのだ。そして角の部分は抹茶生地、パンをかじるとチョコレートが出てくるという小技の効いたパンである。

どうやらクリスマス以外のシーズンには、「うま辛プチパン」という名称で店内でも販売しているようだ。

 

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
豊富なメニューが嬉しいレストラン!「うま辛」「たかね風」に心そそられる(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/12/16 14:34)
HOME > 中部 > 岐阜県 > 道の駅 飛騨たかね工房 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2003-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年05月29日 最終更新日:2004年03月14日