ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「上矢作ラ・フォーレ福寿の里」
HOME > 中部 > 岐阜県 > 道の駅 上矢作ラ・フォーレ福寿の里 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
売店では、上矢作村産を中心とした岐阜県内の食品、工芸品や菓子類が並んでいる。そのなかには、上矢作村と国際交流があるモンゴルの岩塩等も数種類並んでいたりも。
モンゴルの岩塩 糀みそ ひょうたん
     
店員さんもお薦め「まかこん」と「黒米五平もち」
この摩訶不思議なネーミングの食べ物「まかこん」(又はまかこんるんるん)、実はこんにゃく芋が主原料のヘルシー食品。見た目は糸コンニャクそのものだが、実はパイプ状になっているので味が沁みやすいという特長を持つ。ノンカロリーで食物繊維もたっぷりだから、ダイエットにも最適な食品だ。サラダとして手軽に食べられるよう、各種(中華風ピリ辛・ごまだれ風味・梅)ドレッシングが付いているパッケージもあるが、サラダだけでなく炒め物やデザート風にして食べるのもお薦めだ。

我々も実際に中華風ピリ辛ソース付きの「まかこん」を買って自宅でゆっくり食べてみた。さて、どうやって調理しようか、と考えたがここはそのまま食べてみるに限るか(いえ、決して手抜きではない)と思い、「まかこん」とソースを混ぜてみた。「うーん、やはりこれだけではあまりに寂しいな」とキュウリを細切りにして一緒に混ぜてみると、これがなかなかさっぱり風味で良いではないか。「まかこん」自身、つるつるっとした感覚とコリコリっとした歯ごたえが実に気持ちよい。特にこの歯ごたえがクセになりそうな予感。

「黒米五平もち」は古代米である黒米を使った五平もち。だから色も紫色という珍しい五平もちなのだ。「まかこん」も「黒米五平もち」もこの道の駅のオリジナル商品として販売されているが、「まかこん」はJAひがしみの上村支店でも販売、また「黒米五平もち」は近接の道の駅である「土岐美濃焼街道」でも見かけた。更に販売ルートの拡大を狙っているらしいが、是非とも遠方でも購入可能な通販等も計画してくれればいいのに、と思ったりも。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
福寿の里と福寿草/本駅の駅長さんは「オユンナ」さん!(道の駅よもやま話)
2000年の豪雨災害から半年以上が経てど爪痕残る道・・・(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2002/01/12 11:48 1st:2001/04/22 16:22)
HOME > 中部 > 岐阜県 > 道の駅 上矢作ラ・フォーレ福寿の里 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年06月02日 最終更新日:2004年03月11日