ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「アルプ飛騨古川」
HOME > 中部 > 岐阜県 > 道の駅 アルプ飛騨古川 > 地域よもやま話
飛騨古川は起し太鼓の里、そして飛騨の匠があふれる町
飛騨古川の町並みといえば、白壁土蔵の昔情緒あふれる風景を頭に思い浮かべる。その昔、城下町として栄えた時代、そして「飛騨の匠」の流れを受け継ぐ者たちによって造られた木造建築(出格子の民家たち)の情景が、より歴史色を際だたせているのだろう。

また、古川町といえば国指定重要無形民俗文化財にも指定されている「飛騨古川祭り」も有名。古川祭りといえば、町内にある気多若宮神社の例大祭だ。本殿の神事、更に「御神輿行列」「起し太鼓」「屋台行列」が加わり、祭りが盛り上がる。毎年4月の19〜20日に開催され、屋台行列の「静」、起し太鼓の活気「動」が町内にあふれかえるのだ。

特に大木に太鼓を付けた(付け太鼓)各組が競い合いながら、町中を練り歩く大太鼓の櫓に付けようと必死。この櫓に付け太鼓を付ければその年にご利益があるとされているらしい。というわけで、櫓側は付け太鼓を付けさせまいとこれまた必死、その風景はとにかく迫力としか言いようがないということだ。なるほど、この祭りがやんちゃ祭り、けんか祭りと言われている意味が分かるような気がする。

けが人も続出するらしく、また、見物客も覚悟して見る必要がありそうなこの祭りだが、この迫力は実際に見たものしかわからないという。そんな祭り風景を祭り開催以外に見てみたいという人には、町内の「起し太鼓の里 飛騨古川まつり会館」でその様子を見ることが出来る。場所がわからない人は、道の駅で直接聞いてみるのも良いだろう。
 
飛騨古川まつり会館
入館料 大人800円、高校生700円、小人400円
開館時間 09:00〜17:00 但し12月〜2月は16:30まで
休館日 12/28〜1/2
場所 岐阜県吉城郡古川町壱之町14−5 TEL:0577-73-3511

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
飛騨古川は起し太鼓の里、そして飛騨の匠があふれる町(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
嬉しい値段で食べられる飛騨牛メニューたち(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/12/16 10:48)
HOME > 中部 > 岐阜県 > 道の駅 アルプ飛騨古川 > 地域よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2003-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年05月28日 最終更新日:2004年03月10日