ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「どんぐりの里いなぶ」
HOME > 中部 > 愛知県 > 道の駅 どんぐりの里いなぶ > 駅みやげレポート
イチオシの美味しさ!稲武の「招福ここのえもち」
稲武の「ここのえもち」が美味しい、という話は前もって聞いていたのだが、その人気は実際に売店で納得。「ここのえもちコーナー」が設けられており、ここのえもちパッケージが山積みになっている。手にとってレジへと向かう人も多く見受けられる。

さて、この「ここのえもち」、米どころ稲武でとれた「ココノエモチ」なる"もち米"、手摘みのよもぎの若葉、十勝産の小豆が原材料のどんぐりの形をした餅菓子である。外観を言葉で説明するならば、よもぎ餅をどんぐりの実にたとえ、餡をどんぐりのぼうしにたとえた可愛い形をしているのだ。冷蔵保存が必要で、売店で購入する際にも既に箱自体がひんやりしていた。
早速自宅で食べてみたところ、これは味的にはお土産品としてもお勧めな一品だ。ただ、保存料等が含まれていないせいか、冷蔵庫で冷やしておかなければならず、そのせいで餅がすぐに固くなってしまう。実は、我々は「ここのえもち」を購入した次の日に食べたのだが、既に餅は固くなりはじめていた。でも、よもぎ風味が口いっぱいに広がり、餡の甘さと非常にマッチする。

次の機会には、是非餅が柔らかいうちに食べたい、これが我々の共通した感想であった。

 

売店で販売している森のぱん屋さんの手作りパンも大人気
売店の一角に空っぽの籐かごが幾つか置いてある。「なんだろ?これは」としばらく眺めていたら、見る見るうちにその空の籐かごの前に人が並び始めた。そう、ここの駅で作られている手作りパン目当ての行列なのだ。売店の横にある「森のぱん屋さん」で焼いているそのパンの香りが、店内全体に漂ってきたらそろそろ焼きたてパンが店内に陳列される合図とも言えるのか、並ぶ列はどんどん増えていく。

今回は時間が無かったので、一緒に並んでそのパンをおがむことは出来なかったのが残念。種類は、山くるみパン・りんごカスタードパン・苺ジャムパン・十勝小倉パン・こしあんパン・よもぎパン等々。このパンには、米の粉が使われていることも特長のひとつだ。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
どうしてここはどんぐりの里なの?(道の駅よもやま話)
イチオシの美味しさ!稲武の「招福ここのえもち/森のぱん屋さんの手作りパンも大人気(駅みやげレポート)
どんぐりの湯はどんな湯?(温泉施設レポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/04/22 14:00)
HOME > 中部 > 愛知県 > 道の駅 どんぐりの里いなぶ > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年06月02日 最終更新日:2004年03月06日